~進捗~

皆さんこんにちは~工務部イジュです!

サンドイッチ食べましたか??ˆ∇ˆ今日は3月13日は、1が3で挟まれているサンドイッチの日ですよ~♪

美味しいですよね~皆さんは何サンドが好きですか??

パンにはさまれているものは全てサンドイッチと呼んでいましたが・・・

2枚のパンに具材が挟まれた一般的なサンドイッチのことをクローズド・サンドイッチ

3枚のパンに具材が挟まれた層が2つの状態になったものをダブルデッカー・サンドイッチ

4枚のパンに具材が挟まれた層が3つの状態になったものをトリプルデッカー・サンドイッチ

などと呼び方が違うんです!

奥が深いサンドイッチです!皆さんも今日はお気に入りのサンドイッチを食べてみてはいかがでしょうかˆΟˆ

 

それでは本日の進捗です☆

 

名護市H様邸では断熱材や下地材の施工へと進んでいます

断熱材として使用される素材には多くの種類があります

健康に害があるため現在は使用が禁止されていますが、熱や磨耗に強く丈夫で変化しにくいなど、多種多様な特性をもつアスベストもその中の1つです

現在は、鉱物などを原料とした無機繊維系のグラスウールやロックウール、古新聞などを原料にした木質繊維系のセルロースファイバー、羊毛を使用した天然素材系のウールブレス、更にプラスチックを発泡させ、一つ一つの発泡粒子の中に独立した気泡構造をもつ発泡プラスチック系の断熱材などが使用されています

 

そんな数多くある断熱材のなか、安永建築では屋根にはパワードライ、壁にはパワーマックスを使っています

どちらもポリエステル100%で作られています

パワーと付いているだけで強そうでお家を守ってくれそうなポリエステル断熱材

衣類素材表示でよくポリエステルと見かける方も多いと思います

ポリエステル吸水性が低く透水性・速乾性に優れているので、衣類以外でもふとんなどの寝具、スポーツウェアにも使われている身近な繊維です

断熱材には形状保持のため、繊維同士を繋ぐ接着剤が利用されていたり、湿気には弱かったりなどとありますが、ポリエステルは熱により繊維同士を融着するので、接着剤による繊維の垂れの防止や、吸湿性も低くいので、断熱材が水分を吸収することによっておこる断熱性能の低下を防ぎます

また、人体に有害な化学物質は一切含まれていないので、危険な繊維などが飛ぶこともなく施工時のチクチク感もないので、現場の大工さんからの喜びの声もあがっています

住む方にも施工側にも安心安全

更に、断熱材として使われるポリエステルは、ペットボトルを主原料としているのでリサイクル性に優れ、地球にも優しくエコな断熱材です

室内の温度を一定温度に保つことで温度差を減らし、冬は暖かく夏は涼しい快適な家をつくる断熱材

結露を防ぎ住宅を長持ちさせるだけでなく、気温の変化によって起こるヒートショックを防いでくれたりと欠かせない建材です

 

 

 

恩納村の現場では、ボード貼りも終盤をむかえ建具が搬入されました

大きな窓は解放感に溢れ日も多く差し込みます

 

 

 

 

読谷村では上棟にむけ、基礎工事が進行中

基礎配筋は、D13(D13のDは異形棒鋼、13は直径13ミリを表しています)の鉄筋を使用し、150~200mmピッチで配筋しています

異形棒鋼(いけいぼうこう)とは凹凸の突起を設けた棒状の鋼材のこと

凹凸の突起が表面積を大きくすることで、付着性が高まりコンクリートとの一体化を増すことができます

給水管や排水管の設置も、コンクリート打設前にあらかじめ配管

コンクリートを流し込んだ後のことを考え、しっかりテープで養生されています

配筋検査終了後、ベースのコンクリートを打設

ミキサー車からポンプ車へと生コンが移され、型枠内へコンクリートが流し込まれていきます

高さを調整して平らに均していき

金ゴテでツルツルに

型枠の外側にはいくつかつっぱり棒のようなものが

コンクリ-トを打設すると、枠は外に広がろうと圧力がかかってしまいます

倒れてしまわないようにしっかりと支えられています

 

 

 

 

 

 

お問合せ/資料請求

沖縄の木造住宅については安永建設にお気軽にお問合せください

次の記事

☆竣工&進捗☆