~進捗&竣工~

皆さんこんにちは~工務部イジュです!

今日は13日の金曜日・・・

13日の金曜日が縁起が悪いという根拠はありませんが(^^;)

ジェイソンがオノやチェンソーなどの凶器を振り回す映画、13日の金曜日をみて以来・・・私の中で13日の金曜日=最悪の日というイメージが頭をよぎります(笑)

実際に外国では、13日の金曜日になると怖いから外出を避けたり、極端に気分が落ち込んでしまったりと、13日の金曜日恐怖症というものもあるそうです( ゚Д゚)

更には、イエス・キリストが磔刑に処せられたのが金曜日だったり、そのイエス・キリストが磔刑にされる前夜の最後の晩餐が13人だったりと、縁起が悪いとされていた金曜日と13という数字が組み合わさって、13日の金曜日は最凶の日となったそうです(*_*;

13日の金曜日には色々と意味があったのですね(._.)

 

 

それでは本日の進捗です!

 

 

【恩納村N様邸】

ボード貼りが終わり、パテ処理に造作工事と進んでいます

ヒヌカンの置き場や収納スペースができ

キッチンカウンターの下にはもう一つの台

足掛け台が取りつきました

和室の床の間の造作中

床板は木目が美しく耐久性に優れている欅(けやき)を使用

床柱が立ち、床板を仮付けしています

床柱には欠込みが

上が、廻り縁(壁と天井の境に用いられる部材)、下が、落とし掛け(床の間の上部の小壁を受け止める横木)の欠込みとなっています

ウォークインクローゼットの枕棚も取りつきました

 

 

 

宜野湾市A様邸完成致しました

玄関土間はモルタル仕上げ

セメント、水、砂でできているモルタルは、コンクリートのように砂利が入っていないため、キメが細かくツルっとした仕上がりになります

足元には色とりどりのガラス玉が埋め込まれ

モルタルの飾り気のない素材感が木の柔らかい雰囲気を生かしています

玄関を入ると右手に見えるのは丸型ニッチと洗面台

間接照明の柔らかな光が一段とお洒落な空間を演出します

手洗いやウガイがとても重要になっている現在、帰宅時すぐできる場所に洗面台があるといいですね

柱は榁(むろ)の変木(へんぼく)

真白な木肌と茶色の模様が独特な榁という木です

自然の雰囲気そのままのものを変木と言いますが、その自然が作り出した曲線と造形美が存在感を放っています

アーチの垂れ壁ともマッチ

左手には全身を確認できる大きな鏡

お出かけ前の身だしなみチェックもバッチリです

土間奥にある収納室

扉がないことで通気性が良く、掛けるスペースもあるので雨具などもしまえます

開放的なLDKは桧の腰壁が囲み

見上げると板張りの天井に架かる太鼓梁

窓を設けることで自然光が降り注ぐ開放的な空間になっています

榁の大黒柱もしっかりと支えています

キッチン隣には広々パントリー

壁一面に棚が作り付けられたっぷり収納できます

キッチンの背面にはホーロー内装材を取り付けています

直接文字を書いたり、マグネットもつくので必要書類をはったり、家族の伝言板としても利用できますね

トイレは階段下をうまく活用し収納棚を設けています

階段を下っていくと

壁にはガラスブロック

空間のアクセントになっています

衣類や小物などを置くウォークインクローゼットは湿気が大敵

カビが生えてしまわないためにも、換気がとても大切になってきます

また、窓を低い場所に設置することで、紫外線による洋服の色あせの心配もなくなります

広々とした洗面カウンターには大きな鏡に洗面ボウルが2つ

朝の大渋滞も回避できますね

2階へ上がっていくと

アーチの垂れ壁で統一された洋室

更に上には畳コーナー

そこから見えるのはダイナミックな景色

力強さに圧倒されます

高低差を利用し、高さの異なる空間を数段の階段でつなげたスキップフロア

家全体の空間を共有しながらスペースを緩やかに繋ぎます

床はもちろん、腰壁や天井にふんだんに使用された無垢材により、木の香りに包まれた心地良い空間へと仕上がりました

 

 

お問合せ/資料請求

沖縄の木造住宅については安永建設にお気軽にお問合せください