~刻みpart 2~

皆さんこんにちは~工務部イジュです!

自粛の夏休みもあっとゆー間に終わりましたね>_<

早くいつもの毎日に戻れるように終息を願うばかりですね!!

免疫を下げないためにも、楽しみを見つけて少しでも気分を上げていきましょう!(^^)!

 

 

前回の仕口に引き続き、本日は倉庫から継ぎ手の様子をお届けします

今回はなんと大工さんが金輪継ぎ(かなわつぎ)の仮組みを見せてくれましたよ~

継ぎ手とは、材木の長さを増すため材を継ぎ足すときに使われる手法です

丸ノコ、ノミ、カンナなどを使って、接着剤やビスを使わずに木だけで力強く接合することができます

その継手の中でも、強固な伝統的継手と言われている金輪継ぎ

同形の両部材の口にT字形の目違いをつけて組み合わせ、栓を差して固定していきます

慎重に平滑な台の上に材を設置し、いよいよ組み込んでいきます

少しずつ叩きながら

納めていきます

両材を中心から引き離すように移動させると

隙間が見えてきました

ここに込み栓を打ち込みます

込み栓を打ち込むことで、2つの木が互いに絞まり力強く接合していくのです

両側に均等の厚みの板を挟んで、水糸を浮かし直線になっているかを確認

調整し

綺麗に納まりました

木材の長さは限られていますが、このように強度を持たせながら延長することができるのです

木と木を木で組む

手刻みで家を建てるには、木を吟味しながら木が本来もっている、しなやかさや粘り強さ、力強さなどを最大限に活かす熟練の技が必要です

精度の高い刻みは木材同士の繋ぎ目の凹凸がうまく噛み合い、年月が経っても歪みません

 

 

いよいよ8月15日()!刻み見学会開催です!!!

 

日にち:2020年8月15日(

時間:午前10時~午後5時

場所:中城村字久場1981(倉庫)

(町田機工㈱さんとガソリンスタンド(モーレくばSSさん)の間の道からお入りください)

 

※完全予約制
皆様のご安全のため、完全ご予約制となっております。
同業者の方はご遠慮下さい。

ご予約は、下記フリーダイヤルまでお願いします。

フリーダイヤル 0120-693-702

 

作業の進み具合にもよりますが・・・今日ご紹介したような仮組みも見れちゃうかも°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

中々ないこのチャンス!手刻みの技を是非ご覧ください!!

お問合せ/資料請求

沖縄の木造住宅については安永建設にお気軽にお問合せください

前の記事

~刻みpart 1~

次の記事

進捗&台風対策!!