随時受けつけ中!!

皆さんこんにちは~工務部イジュです!

明けましておめでとうございます(^○^)沖縄は旧正月ですね~

今年は新型コロナの感染拡大に伴い、伝統行事が中止になったりと寂しい気持ちにはなりますが(>_<)

来年こそは盛大にできるように願いを込めて・・・コロナ禍を乗り越えていきましょう!!

 

それでは本日の進捗です!

 

先日、南風原町では青空の下、O様邸の地鎮祭が執り行われました

参列者のお浄めが終わり神様をお迎えしお供え物を差し上げた後、土地に建物を建てることを神様にご報告していきます

敷地の中央や四隅に、米・塩・半紙を切って作った切麻(きりぬさ)をまいて、祓い清めます

大好きなアンパンせんべいを片手に、Sちゃんもしっかり見守ってます

よいしょ~よいしょ~と盛砂に鍬を入れ

参列者それぞれが、神前に玉串(榊の枝)をお供えしていきます

2礼、2拍手、1礼

Sちゃんもとっても上手にできました

地鎮祭の儀式が終わり、最後に神酒拝戴(しんしゅはいたい)

神前に捧げた神酒を、参列者みんなでいただきます

担当営業の米と

仲桝大工の挨拶

そしてO様、お父様からのお言葉を頂きました

1階親世帯、2階子世帯の二世帯住宅に建て替えのO様邸

親から子へ、子から孫へと想いを繋げていきます

恒例の記念撮影

Wピースもバッチリ

最後まで可愛いSちゃんでした

 

 

【那覇市A様邸】

配筋が組まれ、検査も無事合格

手前はクルマを格納するスペース、インナーガレージとなります

基礎コンクリート、立上りコンクリート打設と進み

基礎が完成

給水管や給湯管、排水管の取り付けが始まります

 

 

 

【宜野湾市O様邸】

仲桝大工が階段の施工中

木くずをあびながら頑張っています

親柱に鋸を入れて

欠き込みをしていきます

壁に取り付けている板はささら

踏み板を支える部材です

ノミで細かく調整

太い溝には踏み板、細い溝には蹴込み板を差し込みます

太い溝の幅が違うのは、踏み板を差し込んだ下にクサビを打ち込むためです

まずは踊り場や廻りの階段部分から組み始めます

丸ノコでカットしたりと

1つ1つ神経を使いながらの作業

一段、一段ささらにはめ込んでいき

クサビをトントン

毎日通る階段は、その都度体重がかかります

隙間が発生しないようにクサビを踏み板の下端にはめ込むことで、階段の鳴りを防ぎます

蹴込み板を取り付けたら、傷をつけないようにしっかりと養生

階段裏も綺麗に納まりました

これで2階への行き来も安全にできます

安永建築では、進捗現場の見学も随時受けつけております

 

ご予約はこちらまで👇

フリーダイヤル 0120-693-702

お待ちしております

 

 

お問合せ/資料請求

沖縄の木造住宅については安永建設にお気軽にお問合せください

前の記事

~各邸進捗~