無事上棟!!

皆さんこんにちは~工務部イジュです!

師走突入~!!今年も残すところ後1ヶ月(/o\)

このまま寒くなるのかと思ったら来週は少し気温が上がりそうです・・・

ホント沖縄は衣替えのタイミングが難しいですよね(>_<)

何かと忙しくなる12月!皆さん体調には気をつけてお過ごしください☆

 

 

それでは本日の進捗です☆

 

 

糸満市ではK様邸の増築工事が始まっています

約10帖の洋室にバルコニー、トイレや洗面室などを増築していきます

骨組みを組み立て

大工さんはバルコニーの下地組みへ

外階段から上がる構造となっています

 

 

【今帰仁村T様邸】

天井には桧の羽目板がはいり

ボード貼りにケーシングの取りつけと、大工工事が進行中

枠材と壁の境目を隠してくれるケーシングは見た目もスッキリとします

床の間には落とし掛けがつきました

床の間の垂れ壁(小壁)の下端を納めるために取り付ける落とし掛け

一説によると元々の落とし掛けは、竹槍(竹の先をとがらせて、やりの代わりにしたもの)を柱に差していつでも取り外せるようにし、いざという時にはその竹槍で応戦できるようにしたり、殿様が敵に襲われた際に刀で落とし、敵がひるんでいる間に地窓から逃げたともいわれているそうです

掛けてあるだけで落とすもの。から「落とし掛け」という名が付いたとされています

落とし掛けを取り付ける場合の木目は、一般的には正面から見える見付側は柾目(直線に近い真っ直ぐな木目)、下面の下端側は板目(曲線混じりの木目)になるように木取りをします

玄関土間には、これから施工されるタイル貼りの為の下地が整えられました

 

 

那覇市O様邸

柱や桁が組みあがり、無事上棟を迎えることができました

現場周辺状況がレッカー車を寄せるのには厳しいため、材料はユニック車から現場に下ろし、高さが届かないところは人力で上げていきます

2階リビングのO様邸

勾配天井にかかる太鼓梁を組んでいきます

仕口を確認し

息を合わせてトンカントンカン、と力いっぱい掛け矢を振り

大工さん6人がかりで納めていきます

ピッタリと無事納まりました

長い柱は通し柱

各階を一体化させる事で、構造的な強度を高めます

屋根を支える小屋組

小屋束を立てて、母屋(軒行方向の部材)をのせていきます

O様も棟木をたたきます

垂木を掛け

天井裏に熱がこもるのを防ぐため、タルキの間に断熱材を入れ込んでいきます

野地板を貼り屋根終いが終了

O様、上棟おめでとうございます

また、美味しいお弁当もありがとうございました

手起こしの上棟は、より一層皆の息がぴったり揃わなければなりません

大工の皆さん本当にお疲れさまでした

 

 

12月もまだまだ開催中👇

【概要】

平屋住宅

・土地:178.57㎡(54坪)・建物:85.29㎡(25.8坪)

平屋住宅(ロフト付)

・土地:272.82㎡(82.5坪)・建物:94.40㎡(28.6坪)

時間:午前10時~午後20時

場所:宜野湾市長田4丁目4-8

(来場時にもう1棟の場所をお伝えします)

 

※完全予約制

施主様のご好意で開催いたします。
同業者の方はご遠慮下さい。

ご予約は、下記フリーダイヤルまでお願いします。

フリーダイヤル 0120-693-702

 

日中と違った雰囲気を是非お楽しみください☆

 

お問合せ/資料請求

沖縄の木造住宅については安永建設にお気軽にお問合せください

次の記事

完成!!