お家づくりの思い出に☆

 

皆さんこんにちは~工務部イジュです!

今日も3月とは思えないほど暑かったですね(>_<)

このまま夏へといくのかな??と思ったら・・・週明けは気温がグッと下がるみたいですね。

特に春は日々の寒暖差や、気圧変動が大きい季節といわれ、疲れやだるさを感じやすくなるみたいです( ノД`)

皆さんも上手にストレス発散しながら、体調には十分にお気をつけ下さい(>_<)

 

 

それでは本日の進捗です!

 

 

【宮古島市Y様邸】

階段がかかりました

位置や形状によって住宅の暮らしやすさを左右する階段

一言で階段といっても色々な形の階段がありますが、段と段の間の板(蹴込み板)がないスケルトン階段は、光も取り込みやすく階段周りを明るくすることができます

また、視線が抜けることで、圧迫感がなく開放感が生まれます

手摺はファミリースペース同様、丸太の格子手摺を取り付けていきます

丸太は、天井や軒先の化粧垂木などにも使用される、海布丸太(カイフマルタ)を採用

太鼓梁と

親柱に繋いでいきます

 

 

インナーガレージの天井やサイディング工事と進行中のA様邸

サイディングは、濃淡をつけたグラデーション塗装で深みのある木目をリアルに表現した、KMEWさんのネオロック・光セラのセフィロウッド

アクセントにはブラックをいれています

光で汚れを分解、雨水で洗い流す

セルフクリーニングをしてくれる光セラは、残ってしまった汚れに対しても、分解、洗い流すを繰り返しおこなうのでキレイを長持ちさせます

よ~く見てみると穴が

建物は重いほど地震の力を大きく受けてしまいます

ネオロックシリーズは外壁を軽量化し、建物にかかる力を小さくするため、内部に空洞を設けた中空構造になっています

 

 

【南風原町O様邸】

晴天の中上棟がスタート

作業にかかる前に四方お清め

建物の四隅をお酒と米、塩でお清めし工事の安全を祈願します

お清めしたお酒をいただき・・・準備万全

大工の皆さん、安全第一で宜しくお願いします

柱をたて

桁や梁をくみ

1階の形が見えてきました

斜めに入っている材料は仮筋交い

柱の傾きを修正後、垂直確認をしたら狂わないように仮固定していきます

2階の床を貼り

2階の大工さんのもとへ次々と材料が運ばれ

どんどん建てられていきます

下屋部分の垂木がかかりました

O様ご家族

何やら準備を始めました

お家のてっぺんへ

お家づくりの記念に、一番高い所の棟木を納めていきます

O様が手にしているのは掛矢(かけや)

梁や丸太を納めたり、杭を打ったりと使う道具ですが、かなりの重さがあり片手では扱えない重さです

奥様も頑張ってトントンしていました

笑顔でパシャリ

その後も、雲筋交い(くもすじかい)の長さの調整や

母屋の端(木口)を揃えたりと作業は続き

 

棟木から軒桁(のきげた)に向けて垂木が掛けられ

断熱材を敷きこみ

野地板を張り、ケガなく無事上棟できました

O様、上棟おめでとうございますˆ∇ˆ

また、日差しが強い中、大工の皆さん本当にお疲れ様でした!!

 

お問合せ/資料請求

沖縄の木造住宅については安永建設にお気軽にお問合せください

前の記事

光も漏れない程に!!

次の記事

~各邸進捗~