☆進捗☆

皆さんこんにちは~工務部イジュです!

来週は節分ですね!最近は、鬼は外~福は内~の声もあまり聞かなくなってきたような気がします>_<

節分と言えば、もう一つ。恵方巻!今年の恵方巻きの方角は西南西ですよ~

その年の恵方に向かって食べる恵方巻ですが、その方角は金運や幸せを司る神様、歳徳神(としとくじん)のいる方向で決められているそうです!

歳徳神がいる方角はその年の十干(じっかん)と言われる、古代中国で生まれた現代でいう数字のようなものが深く関わっているようです。

食べ方も、目を閉じて食べる、笑いながら食べると様々ですが、恵方から福を巻き込むとされている恵方巻は、一本丸ごと食べる事で幸福や、商売繁盛の運を一気に頂くということを意味している事が大きいようです!

と言っても、お子様など中々一気に食べきるのは難しいと思うので・・・

食べられる量を工夫して細巻きにするなど、調節すると良さそうですね☆

 

それでは本日の進捗です!!

 

 

先日地鎮祭が執り行われましたH様邸、配筋検査無事合格

基礎コンクリート、立上りコンクリート打設と進んでいます

 

 

 

恩納村の現場では軒天やサイディングが貼られました

 

前回ご紹介した釘と同様、ネジも建築現場で日常的に使用されています

ネジには、主に側面にらせん状の溝があるもの(雄ねじ)と、内側に溝があるのもの(雌ねじ)の2種類あり、部材の固定に使われるものの総称です

ボルト(雄ねじ)やナット(雌ねじ)、ビス(雄ねじ)もネジの一種です

頭に十字や直線の穴があるビスは、小ねじ(雄ねじ)とも言われ、大きく分けて、ビス全体にネジが切ってある全ネジと、ビスの先端部分から半分程度までネジが切ってある半ネジの2つの種類があり、ねじ込んだ際に頭が出ないように作られた頭部や、ゆるみ止め防止効果を持つ頭部など、形状が様々です

更にビスは雌ネジを使わず、直接ものに打ち込めるものが多いのが特徴です

 

 

ビスの中でも主流のコーススレッドはネジの目が荒く大きいのが特長。先端がシャープにとがっているので、ねじ込みスピードも速くしっかりと木材を固定することが出来ます

半ネジは木材と木材を接合すると木材同士が引き付け合って隙間なく締め込まれます

コーススレッドより径が細いスリムビス(細ビス)は、木材が割れる心配が少なく、下穴を開けなくても締め付けることができるので、細い材や薄い材を割れないよう固定します

頭の溝が四角いスクエアコーススレッドは、強い力にも耐えられるので、ホールダウン金物や筋かい金物など、補強金物の固定に使われます

こちらも四角い形のタルキック

タルキを梁に固定します

どちらも、より締め付けに力を加えられる正方形のビットを使います

石膏ボードの固定に使う連結ビスは、表面にギザギザの加工をしてパテがつきやすいようになっています

また、締結する部材と同じ高さや、それ以下にしたい時に使用する皿状の形の皿小ネジや、なべの底のような形をしている代表的な小ねじ、なべ小ネジなどまだまだたくさんの種類のビスがあります

釘は横方向に動く力に対して強く、ネジは縦方向に引き抜こうとする力に対して強く、それぞれに違う特徴があります

目立たない存在の釘やネジですが、建物の構造の維持に欠かせない重要な役割をします

 

 

 

 

ここで皆さんにお知らせです♪

 

マイホーム建築をより身近に!幅広いニーズにご対応!!をコンセプトに・・・

新仕様でました~ˆοˆ

詳しくはモデルハウス展示場にて!!お待ちしております☆

 

 

 

 

お問合せ/資料請求

沖縄の木造住宅については安永建設にお気軽にお問合せください

次の記事

~進捗in沖縄市~